受身の園芸

ukeen.exblog.jp

ブログトップ

コウズウメバチソウ(神津梅鉢草)

 伊豆諸島、神津島原産の梅鉢草です。

a0166851_2120219.jpg 隣県の農家が生産した開花株を昨年10月購入しました。通常の梅鉢草よりコンパクトな草姿で、梅鉢紋によく似た白い花を次々と咲かせてくれました。
 1月には地上部がなくなりましたが、3月のかかりに新芽を出しました。
 花が咲いている頃は、ブログを始めていませんでしたので、写真はありません。^^;

 ちなみに、天満宮が梅鉢紋、道真を祀っているので当然ですね。有名どころでは、前田利家もこの紋だったそうです。

 神津島には、エビネにも固有種がありますが、こちらはコズと呼び習わされています。同じ固有種でもファン層が異なるためか、横の連絡が取れていませんね。
 三宅島をはさんでお隣の御蔵島にも、エビネの固有種ミクラがあります。ミクラミヤマクワガタの方が有名かもしれません。

 島は生物相が異なることが多く、その環境を維持することが大事ですね。
 一度訪れてみたいものです。

[PR]

by uke-en | 2010-03-24 21:24 | 花作り

<< カンアオイ(寒葵) 愛でる春 >>