受身の園芸

ukeen.exblog.jp

ブログトップ

タグ:その他 ( 5 ) タグの人気記事

お引越しのごあいさつ

[2010/07/26 33℃/24℃]

 本日、FC2 に引っ越しました。
 excite でお知り合いになった皆さん、引き続きお付き合いのほどをよろしくお願いいたします。
 お祝い(強要してますね(^^ゞ)その他コメントは、FC2 の「受身の園芸」にお願いします。

 引越しの理由は、
  1 直前の一片のお知らせによる広告掲載の経緯に、釈然としないものを感じたこと。
  2 クッキーから興味を持っていると勝手に推測する広告を、しかも記事本文中に掲載することは耐えられないこと。
  3 画像容量が、上限の30MBに接近していること。
の3点です。

 とはいえ、excite さんにはお世話になりました。使いにくい点もありましたが、初めてのブログで愛着もありました。今日の日を迎えたことは、残念でなりません。
[PR]

by uke-en | 2010-07-26 22:18 | blog四苦八苦

青の宝石

[2010/07/06 29℃/23℃]

 久しぶりに裏の畑に上がってみると、草ぼうぼう、景色が変わっていました。
 これでは、キジが歩いていても、とても見えません。

ツユクサ(露草)
a0166851_2325996.jpg
 陽射しの下の青色は、なかなか出ませんね。

a0166851_2341251.jpgイヨカン(伊予柑)

 鈴なりです。まだ、ゴルフボールより小さいでしょうか。
a0166851_2343848.jpgカキ(柿)

 少し傷んでいます。花はたくさんあったはずなのに、きれいな実すらありません。
a0166851_2375865.jpgスモモ(李)

 大きさは一人前ですが、鳥がつついたもの以外は、まだ青いままです。


下に広告がある場合は、exciteが勝手に入れているものです。
[PR]

by uke-en | 2010-07-06 23:16 | 我が家・周辺

父帰る

 昨日は気温はそう上りませんでしたが、陽が射しておりさえすれば、過ごしやすい一日でした。出かける予定があったので、朝方、あわてて屋内の鉢植えを出し、水をやりました。

 花見ではありませんでしたが、奈良葛城山麓、當麻寺(たいまでら)へお出かけです。道すがらでも境内でも花見が十分楽しめました。
a0166851_13221669.jpg
(上段右:左下の米粒大が家内 下段左から シャクナゲと藪椿、山ツツジ)

 一昨夜、私の88歳の親父が四国からバスツアーで来ると兄からメールがあり、信貴山か當麻寺の二者択一でした。突然の話でも、リタイア組の私には十分時間がありますので、車で行きやすい當麻寺で出会うことにしました。
 余裕を持って到着し、お昼は家内の手作り弁当、ゆったりとした気分で待ちました。

 杖をつき、皆さんから気配りいただきながら、元気なものです。歩きながらではありますが、久しぶりに話ができました。

a0166851_13264318.jpg お土産には、三輪明神大鳥居前、白玉屋榮壽の「みむろ」を持たせました。
 何の変哲もない小ぶりの最中、この商品一つで160年余り続いています。多分、私が一番好きな最中です。
a0166851_132715100.jpg 親父からは、讃岐うどんと信貴山で買った寅饅頭、寅年だから買ってきたという、その気持を嬉しく思いました。
 親父のように怖い顔をしています。
 ものは、紅葉饅頭です。 ^^;

 我が家に帰ってからは、またまた霜対策、忙しいことです。

[PR]

by uke-en | 2010-04-04 13:37 | おでかけ

貝合わせ

 一期一会さんからお呼びがかかりました。(お呼びでない?こりゃまた・・・)

 家さがししてもそんな上等なものはないので・・・

こんなものがありました・・・(続き)
[PR]

by uke-en | 2010-03-06 16:35 | 我が家・周辺

張り子の虎

 下の記事の流れからすると、人形の写真・・・???

a0166851_18381640.jpg
 昭和37年(1962)用年賀:「張り子のトラ」出雲市


a0166851_2050233.jpg
 昭和61年(1986)用年賀:「神農の虎」大阪市中央区道修町(どしょうまち)


a0166851_18384176.jpg
 平成10年(1998)用年賀:(左)三春張り子虎 (右)博多張り子虎


a0166851_1840469.jpg
 平成22年(2010)用年賀:(左)「静岡張子・首振りの虎」静岡市 (右)「加賀魔除虎」金沢市

 ちなみに、私が生まれた昭和25年(1950)用年賀は「応挙のトラ」、長い間、原図は讃岐こんぴらさん(金刀比羅宮)の障壁画「遊虎図」のうちの「水呑みの虎」だと思っていましたが、構図も異なるので?と気にしていました。
 「竜虎図屏風」を翻案したものと知って、それでも「応挙のトラ」と言うのか!と呆れたことを覚えています。

 猫だましならぬ虎だまし、このまま終わると約2~3名からブーイングが飛んできそうなので・・・

ご覧ください。
[PR]

by uke-en | 2010-02-20 20:07 | 郷土玩具