受身の園芸

ukeen.exblog.jp

ブログトップ

タグ:多肉・観葉・サボテン ( 7 ) タグの人気記事

サボテンの花

[2010/06/25 22℃/18℃]

    君が育てたサボテンは
    小さな花をつくった ♪
(詞:財津 和夫)

a0166851_20592634.jpg
 径7cm、花茎(サボテン界ではどう呼ぶのか知りません。)は花を含んで13cm ですから、小さな花とは言えませんね。^^;
 鉢植えなのに放任栽培に近く、冬は断水で外に、温かくなれば、天気の良い日に思い出したように水やり、いつ植え替えたのか思い出せません。昨年咲きませんでしたので、さすがにダメかと思っていましたが、大丈夫のようです。

スズメ
a0166851_16213251.jpg
 夕方、前の竹やぶにつがいが飛来しましたので、ソレッとカメラを持ち出しましたが、写真を見て、な~んだでした。でも、ちゃんと見つめ合っています。
 時季でしょうか、スズメが目立つようになりました。

[PR]

by uke-en | 2010-06-25 21:09 | 花作り

オレンジ色の来訪者

[2010/06/21 24℃/21℃]

 「蒸し暑い」ばかり言ってては気が滅入りますので、蒸し暑くなかったら、陽気を書くことにします。^^;
クジャクサボテン 在来種
a0166851_22174254.jpg
 昼間の写真も、載せておきますね。周りのアラが目立ちます。
アカタテハ(タテハチョウ科)
a0166851_2218129.jpg
 壇ノ浦ではありませんが、花壇から今にも逆落としです。
ヒョウモンチョウ(タテハチョウ科)?
a0166851_2219798.jpg
 コクタン(黒檀)にとまっています。
 コヒョウモンかも知れませんが、区別が付きません。

[PR]

by uke-en | 2010-06-21 22:20 | 我が家・周辺

クジャクサボテン咲く

クジャクサボテン 在来種(10:14撮影)
a0166851_23302514.jpg
 朝、花が膨らみかけていましたので、観察してみました。
a0166851_23335534.jpga0166851_23341643.jpg

←(18:14)


(19:14)→
(20:47)
a0166851_23362311.jpg
 20:00頃には咲いていましたが、このカメラでフラッシュを使って撮るのは初めてなので、時間がかかりました。^^;

[PR]

by uke-en | 2010-06-20 23:42 | 花作り

玄関を彩る花

[2010/06/13 21℃/18℃]


 朝、少し過ぎて降り出し、雨の一日になりました。庭の花や木は、ほっと一息でしょうか。雑草も、心なしか生き生きとしているようです。^^;

 写真になりませんので、一昨日の玄関です。
a0166851_20571162.jpg
 右から、クレマチス、カルミアインパチェンス(2鉢)、カゲツ(花月、通称:金のなる木)
 時折家内が花を飾る(たいていは、私が道具置きにしていますが)花台の下は、昔の茶壷(茶葉保管用のもの)を逆さまに置いています。釉薬が垂れているように見えるものは、ツバメのフンです。
a0166851_20573325.jpg
 こちらは、アマリリスの花畑。

[PR]

by uke-en | 2010-06-13 20:59 | 花作り

サクランボ狩り

[2010/06/10 28℃/14℃]

 涼しそうなところへお出かけです。一日晴れていましたが、我が家より暑いところでした。

 我が家には、花の咲かなかったサクランボしかありません。昨年末の買い物ツアーで味を占めた家内の提案で、信州天竜峡にサクランボ狩りのバスツアー、当然!拒否できません。

a0166851_23291294.jpg
 (左)サクランボ(高砂)がたわわでした。佐藤錦は遅れているそうです。
 (右)天竜川では、こんなイベントが行われていました。

 お昼は、ソバの食べ放題、日頃から小食な私たち夫婦には、とても割が合いません。

a0166851_23294190.jpg妻籠宿

 吊りシノブならぬ吊り観葉植物、プミラ?ゴムノキ?よく見る紫の斑入りのものです。街並みに不思議にマッチしていました。




 
 家内です。^O^
 今回は珍しく、野沢菜の漬物を買っただけでした。

 帰宅すると、ペチュニアの初花、アマリリスが咲いていましたが、暗くて写真になりません。また明日。

[PR]

by uke-en | 2010-06-10 23:38 | おでかけ

誰に見せばや

 今朝は雨、これからどんどん気温が下がるそうです。霜注意報が出なければいいなぁ。

a0166851_7381488.jpg 我が家のミセバヤは、まだこの程度(4.5号鉢)です。ヒダカミセバヤもあったのですが、今は1種類しか残っていませんので、どちらかわからなくなりました。
 ヒダカミセバヤは、小判型の小ぶりな葉だったと思うので、ミセバヤのよう。

 花が咲いたときは球状だった、と家内が言います。やっぱり・・・

 某ブログで、知ったかぶりをしてしまいました。orz

[PR]

by uke-en | 2010-04-07 07:46 | 花作り

金のなる木

a0166851_17152589.jpg カランコエなどと同じベンケイソウ科の花月(カゲツ)という多肉植物ですが、この名前はほとんど知られていません。私もよく思い出さないことがあるので、以前は連珠(五目並べと説明すると、それは大違いとコメントがつきそうです。見てないか。)の定石「花月(下図)」で思い出していたのですが、最近ではそのことすらも忘れています。    2   3
                 
               
                                       1

 我が家には20年来住みついていて、地上部が高さ70cmに近く、持ち運びにも往生するような大株になっています。毎年、図体に似合わず直径1cmに満たないかわいらしい花を咲かせてくれますが、一時根腐れさせたこともあってか、花盛りには程遠い状態です。
 家内はお金がなってほしいと言いますが、お金に不自由したことはない(と本気でいってみたい!)し、5円玉や50円玉では仕方がないし、10万円金貨ならなってもいいかな、と達観?している今日この頃ではあります。
[PR]

by uke-en | 2010-02-01 18:05 | 花作り