受身の園芸

ukeen.exblog.jp

ブログトップ

タグ:社寺 ( 6 ) タグの人気記事

葵祭

[2010/05/15 休止中

 昨日の朝方は霜?と思うほど冷え込みましたが、お出かけ日和になりました。

 家内のリクエストにより葵祭を見物、出遅れたため人波に紛れてしまいましたが、家内が喜んでくれて何よりでした。

a0166851_944558.jpg御所車(牛車(ぎっしゃ))

 御所車、勅使・供奉者の衣冠、牛馬にいたるまで、すべて葵(フタバアオイ)の葉と桂の小枝で飾ったことから、葵祭といわれています。
a0166851_95962.jpg近衛使(勅使代)

 行列中の最高位で、祭り本来の主役ですが、主役の座を奪われていますね。
 ただし、勅使は、直接御所から賀茂御祖神社(下鴨神社)と賀茂別雷神社(上賀茂神社)に向い、行列には加わらなかったので、勅使代理です。
女人
a0166851_965125.jpg
 他意はありません。^O^
 左上の方以外は、騎乗しています。
斎王代
a0166851_91696.jpg
 川崎麻矢さん 、六波羅蜜寺住職の娘さんで、母子2代の斎王代、初めての平成生まれだそうです。いいところの娘さんが選ばれ、それが表に出ないのが、良くも悪くも「歴史と伝統」の京都らしいところでしょう。
 乗り物は腰輿(およよ)、大統領!と言っても、楽屋落ちになるでしょうか。

[PR]

by uke-en | 2010-05-16 09:22 | おでかけ

不思議なお寺

[2010/05/13 休止中

 昨日、買い物帰りに、家内の提案で、三重県伊賀市の「ふるさと芭蕉の森」に立ち寄りました。家内の目的は歩くこと、私は鳥見役で、雨が降りそうでしたが、衆議?一決です。

 森が深く、鳥の声は聞こえても、姿が見えません。(>_<)

a0166851_23323821.jpg此秋は 何で年よる 雲に鳥    芭蕉

 仕方ないので、時季はずれですが鳥の句です。

 帰途、ふもとの伊賀聖天 天台宗 平野山 常住寺(じょうじゅうじ)に立ち寄りました。閻魔天が本尊で、藤堂藩二代藩主 高次が寄進した閻魔堂が残されています。
狛象
a0166851_2338239.jpg
 手前が阿形(あぎょう)、向こうが吽形(うんぎょう)になっていて、尻尾はそれぞれ外側に振られています。新しいものではありますが、これが置かれているにはそれなりの理由があるはず、説明文には書かれていませんでした。
 普賢菩薩は象に乗っている姿が一般的ですが、閻魔天やその本地仏(ほんじぶつ)の地蔵菩薩が象に乗っている姿は、見たことがありません。
a0166851_23401028.jpg鳥居

 神宮寺(神仏習合のお寺)の場合など、境内に鳥居があることは珍しくないことですが、本堂を塞ぐように建てられているのは見たことがありません。
 参道入口にも鳥居があります。

[PR]

by uke-en | 2010-05-13 23:49 | おでかけ

東寺にお供

[2010/04/17 14℃/6℃]

 昼過ぎまで晴れたり曇ったり、風が冷たい一日でした。

 陽気に誘われてと言いたいところですが、実態は家内の3箇月に一度の眼科通いのお供、東寺で待ち合わせです。
a0166851_21535233.jpga0166851_21542617.jpg
 すっかり葉桜ですが、八重桜だけはまだ七分咲きです。

a0166851_8424194.jpg
 通りすがりの方からゴイサギ(五位鷺)がいるよと教えていただきましたが、どうもアオサギ(青鷺)みたいです。
 たくさん撮影しましたが、まさか飛び立つとは思わず、飛んでる写真はボケボケです。

a0166851_21563876.jpg マガモ(真鴨)の夫婦です。婦唱夫随?は、いずこも同じのようですね。^^;
a0166851_8453377.jpg
a0166851_21573710.jpg 動きのある写真は、とっても難しいですね。ついつい焦ってしまいます。

 お天気が戻ってきたら、やはり霜注意報、明日明け方は4℃です。

[PR]

by uke-en | 2010-04-17 22:07 | おでかけ

父帰る

 昨日は気温はそう上りませんでしたが、陽が射しておりさえすれば、過ごしやすい一日でした。出かける予定があったので、朝方、あわてて屋内の鉢植えを出し、水をやりました。

 花見ではありませんでしたが、奈良葛城山麓、當麻寺(たいまでら)へお出かけです。道すがらでも境内でも花見が十分楽しめました。
a0166851_13221669.jpg
(上段右:左下の米粒大が家内 下段左から シャクナゲと藪椿、山ツツジ)

 一昨夜、私の88歳の親父が四国からバスツアーで来ると兄からメールがあり、信貴山か當麻寺の二者択一でした。突然の話でも、リタイア組の私には十分時間がありますので、車で行きやすい當麻寺で出会うことにしました。
 余裕を持って到着し、お昼は家内の手作り弁当、ゆったりとした気分で待ちました。

 杖をつき、皆さんから気配りいただきながら、元気なものです。歩きながらではありますが、久しぶりに話ができました。

a0166851_13264318.jpg お土産には、三輪明神大鳥居前、白玉屋榮壽の「みむろ」を持たせました。
 何の変哲もない小ぶりの最中、この商品一つで160年余り続いています。多分、私が一番好きな最中です。
a0166851_132715100.jpg 親父からは、讃岐うどんと信貴山で買った寅饅頭、寅年だから買ってきたという、その気持を嬉しく思いました。
 親父のように怖い顔をしています。
 ものは、紅葉饅頭です。 ^^;

 我が家に帰ってからは、またまた霜対策、忙しいことです。

[PR]

by uke-en | 2010-04-04 13:37 | おでかけ

梅霞

a0166851_18275994.jpg
 ウォーキングを兼ねて、月ヶ瀬梅林に行ってきました。日曜日だったので、生憎の曇り空にもかかわらず、かなりの人出でした。
 3~4分咲きで、1週間くらいすると満開になりそうかな。

a0166851_18292866.jpg ダム湖も、もやっています。

a0166851_183020100.jpg 真福寺(しんふくじ)。梅林の高台にあり、梅林の始まりとなったと伝わる「姫若の梅」がある。

[PR]

by uke-en | 2010-02-28 18:43 | おでかけ

豆ひろい

a0166851_2185468.jpg きのうは節分、伏見稲荷大社の節分祭に夫婦で出かけました。平日で3クールの最終でもあったためか、人が少なく、三が日の押し合い圧し合いを知っている私たちには驚きでした。
 まぁ、京都の節分といえば、一に壬生寺(狂言)、二に八坂神社(舞子はん)、三に千本釈迦堂(オカメ)だと思っています(個人の感想です。異論はコメまで。)ので、まぁ、やむを得ないかな。





a0166851_2195765.jpg

 外(げ)拝殿では13時頃から豆まきを行う年男や福娘が壇上に並び、行きたい行きたいと言っていた家内はすっかり拾う態勢になっており、そこはまかせるね、と四方から写真を撮るようクールに待ち構えていました。
 いざ豆が目の前に飛んでくると、浮き足立ってしまい、気がついたときには、終わっていました。3分足らず、何とか撮れたのが上の写真です。人間がまだまだ!ですね。

a0166851_21105391.jpg 戦利品、です。











a0166851_21114976.jpg 10年ほど前のお正月、息子夫婦と一緒に来た際、果たせなかった奥社めぐり、途中でへたった二人にしっかりせ~よ、と思ったのですが、いざ、千本鳥居を越えて進むと昇ったり降りたりで、途中一息も二息も入れなくてはなりませんでした。
 近所の高校生でしょうか、一気に走り上がり、若いってスバラシイ と思っていたら、かなりご高齢の方にも置いていかれました。
[PR]

by uke-en | 2010-02-04 21:26 | おでかけ