受身の園芸

ukeen.exblog.jp

ブログトップ

タグ:郷土玩具 ( 3 ) タグの人気記事

立雛~奈良一刀彫

a0166851_1331211.jpg

 桃の節句を明日に控え、季節商品を展示します。と言っても、一期一会さんのお雛様(伏見人形)に対抗?したもので、五代瀬谷桃源(吉弘)さんの作品です。
 高さは男雛14cm余り、女雛13cm余りで、烏帽子の分だけ高さが違いますが、最近のものは男雛が大き目のものも多いようです。20年以上前に家内が買ったもので、お値段は忘れたそうです。^^;
 並びは、男雛が向かって右(古式)が主流と思っていましたが、奈良でも向かって左(新式)だそうで、丹青堂さんのページには、わかりやすい説明があります。伝統工芸の中心地ともいうべき京都が、こんなところで少数派だったとは・・・

a0166851_13365417.jpg 春日大社の今年の干支一刀彫です。調べてみると、大林杜壽園(とじゅえん)さんで作っているようです。
 ここ12年、初詣は春日大社ですが、これを買うのが主目的になっており、やっと一回り揃いましたので、来年はどうしようかと真剣に悩んでいます。
 十二支揃いで写真を載せようかと思いましたが、11年分のブログねたにとっておきます。飽きっぽいので来年すら・・・

[PR]

by uke-en | 2010-03-02 13:42 | 郷土玩具

張り子の虎

 下の記事の流れからすると、人形の写真・・・???

a0166851_18381640.jpg
 昭和37年(1962)用年賀:「張り子のトラ」出雲市


a0166851_2050233.jpg
 昭和61年(1986)用年賀:「神農の虎」大阪市中央区道修町(どしょうまち)


a0166851_18384176.jpg
 平成10年(1998)用年賀:(左)三春張り子虎 (右)博多張り子虎


a0166851_1840469.jpg
 平成22年(2010)用年賀:(左)「静岡張子・首振りの虎」静岡市 (右)「加賀魔除虎」金沢市

 ちなみに、私が生まれた昭和25年(1950)用年賀は「応挙のトラ」、長い間、原図は讃岐こんぴらさん(金刀比羅宮)の障壁画「遊虎図」のうちの「水呑みの虎」だと思っていましたが、構図も異なるので?と気にしていました。
 「竜虎図屏風」を翻案したものと知って、それでも「応挙のトラ」と言うのか!と呆れたことを覚えています。

 猫だましならぬ虎だまし、このまま終わると約2~3名からブーイングが飛んできそうなので・・・

ご覧ください。
[PR]

by uke-en | 2010-02-20 20:07 | 郷土玩具

伏見人形

a0166851_20204318.jpg 下の記事にコメントいただいた anne-0101 さんのブログ「一期一会」に触発されて投稿します。掲載されている写真では、大きさはよくわかりませんが、とっても素敵な干支の置物です。
 で、こちら、これは土でできている伏見人形、「饅頭喰い」という、他に余り例のないものが代表的な郷土玩具です。
 伏見稲荷の節分祭に行ったとき、参道のお店(高畠商店)で干支の伏見人形をさがしましたが、売り切れていました。三が日までに来ていただかないと・・・と言われながら、つらつらショーケースを見ていると、目に付いたのがこれ!とぼけた顔が何ともいえません。当たり年(ジャス還)なので、奮発しました。
 お店の方の話によると、盛時は60あった窯が今は2軒だそうで、扱っているお店も付近ではそこだけ、時代の流れとはいえ、さみしいことですね。
[PR]

by uke-en | 2010-02-17 20:28 | 郷土玩具